皆様の映画の評価をよろしくお願い致します♡
スポンサーリンク

サニー 永遠の仲間たち

4.0
ヒューマン
ヒューマン

韓国公開:2011年5月54日
日本公開:2012年5月19日
上映時間:124分
韓国語タイトル:써니(ソニ)
監督:カン・ヒョンチョル
脚本:カン・ヒョンチョル

主な登場人物・キャスト

俳優名 役名 役柄
シム・ウンギョン
ユ・ホジョン
イム・ナミ(高校時代)
イム・ナミ(40代)
転校生で「サニー」のメンバーに
専業主婦
カン・ソラ
チン・ヒギョン
ハ・チュナ(高校時代)
ハ・チュナ(40代)
「サニー」のリーダー
肺がんで余命2か月
キム・ミニョン
コ・スヒ
キム・チャンミ(高校時代)
キム・チャンミ(40代)
「サニー」メンバー、家がたまり場
保険会社勤務
パク・チンジュ
ホン・ジニ
ファン・ジニ(高校時代)
ファン・ジニ(40代)
「サニー」メンバー
マダム
ナム・ボラ
イ・ヨンギョン
ソ・クモク(高校時代)
ソ・クモク(40代)
「サニー」メンバー
専業主婦
キム・ボミ
キム・ソンギョン
リュ・ポッキ(高校時代)
リュ・ポッキ(40代)
「サニー」メンバー
ミン・ヒョリン
ユン・ジョン
チョン・スジ(高校時代)
チョン・スジ(40代)
「サニー」メンバー、ミステリアスで美人
キム・シフ ハン・ジュノ ナミの憧れの男性
チョン・ウヒ イ・サンミ 元「サニー」メンバー、シンナー中毒

全体のあらすじ

田舎から転校してきた高校生のナミ(シム・ウンギョン)は、ひょうきんなキャラを認められ、チュナ(カン・ソラ)が率いる同級生仲良しグループ「サニー」の仲間入りをする。笑ったり、歌ったり、踊ったり、他校のグループと喧嘩したりと、青春を謳歌していた。「サニー」7人でダンスを披露するはずの文化祭の日に、ある事件が起こる…。

それから25年、40代となった専業主婦のナミ(ユ・ホジョン)は、夫と高校生の娘と、平凡で幸福な日々を送っていた。そんなある日、母が入院している病院で、高校時代「サニー」のリーダーだったチュナ(チン・ヒギョン)と思わぬ再会をする。彼女は癌に冒され、余命2か月と宣告されていた。チュナは「最後にもう一度サニーのみんなに会いたい」とナミにお願いする。ナミは、チュナの願いを叶えるために「サニー」のメンバーの消息を探し始める。それは、ナミの人生の輝きを取り戻す旅となる。

予告編

映画『サニー 永遠の仲間たち』予告編

感想

二度と戻ることのできない貴重な青春時代…。年齢を重ねた今だからこそ、その時代の輝きを愛おしく感じられるのだと思います。見終わった後、悲しくはないのですが、感動で涙が止まらなかったです。

ボニーMの「Sunny」自分もまさに、うん十年前に自分もディスコで踊っていたこの曲。身体も振付、ステップを憶えていて、自分の当時の記憶も蘇りました。この映画のグループ「サニー」のようなヤンチャではありませんでしたが(^^;

シム・ウンギョン、演技が本当に上手です。天才的と言ってもいいのではないでしょうか。チョン・ウヒも凄まじい役どころを見事に演じていて驚かされました。

高校時代と40代の彼女たち。この子の配役がこの人に…と照らし合わすのも面白かったです。

笑い
★★
ときめき
緊迫感
感動 ★★
音楽 ★★
総合評価  

皆さんの評価

4/5 (1)

あなたの評価を5段階でお願いします

スポンサーリンク
韓国映画部