皆様の映画の評価をよろしくお願い致します♡
スポンサーリンク

ワン・デイ 悲しみが消えるまで

3.5
ファンタジー
ファンタジー

韓国公開:2017年4月5日
日本公開:2017年07月29日
上映時間:113分
韓国語タイトル:어느날(オヌナル)
原題の和訳:ある日
脚本:イ・ユンギ
監督:イ・ユンギ

主な登場人物・キャスト

俳優名 役名 役柄
キム・ナムギル イ・ガンス 保険調査員
チョン・ウヒ タン・ミソ 交通事故被害者、視覚障害
イム・ファヨン キム・ソンファ ガンスの妻
チョン・ソンギョン キム・ソンヒ ミソの母

中盤までのあらすじ

保険調査員のイ・ガンス(キム・ナムギル)は、最愛の妻を亡くし、深い悲しみを抱え、無気力な日々を送っていた。

ある日、交通事故の被害者タン・ミソ(チョン・ウヒ)が入院している病院に仕事のため行く。ミソは、昏睡状態に陥っており、回復する見込みはないという。そんなミソの部屋で、ガンスはある女性に声をかけられる。彼女は自分のことをタン・ミソだと言うが、ガンス以外の人間には見えておらず、鏡にも映らない。

ミソは行きたい所があるから付き合ってほしいとガンソに頼み、二人は病院の外に出かける。本来は視覚障害者だったミソは、全てが初めて見るものばかり。友人の結婚式に行き、かつての盲導犬に会いに行く。こうして、ガンソはミソの外出に何度か付き合い、楽しく時を過ごす。

ミソの生い立ちを聞き、彼女の境遇に胸を痛たガンスは、ミソの幼い頃の写真から、ミソを捨てた母親の居所を探し出し、美容院を営む母親を訪ねる。ミソの事故現場が母親の美容院のすぐそばであることから、ミソは母親に会いに来て事故に遭ったのではと推測するが………

予告編

7/29公開『ワン・デイ 悲しみが消えるまで』予告編

感想

全体的に穏やかな空気感でストーリーが進むロマンティックファンタジー。
前半は、ガンスと幽霊ミソのやり取りがユーモラスでクスっと笑えました。
でも、後半は、ちょっと悲しい展開になってきます。
ミソの事故の真相を突き止め、ミソと母を出会わせることで、ガンスは初めて妻の死と向き合えるようになっていくんですね。
ちょっと難解なんですが、結局、ガンスと幽霊ミソとの出会いは、ガンスの妻の魂が、ガンスの気持ちを整理させるために見せていた不思議な現象だったのかな?と…わたし的に理解したのですが…魂の世界のことは不可解です💦

笑い
★★
ときめき
緊迫感
感動 ★★
総合評価

皆さんの評価

評価はまだありません

あなたの評価を5段階でお願いします

スポンサーリンク
韓国映画部